炭水化物T 梅

炭水化物T 梅

梅干しとは、ウメの果実を塩漬けした後に日干しにした
ものである。
JAS法では、伝統的製法によって製造された梅干しを
「梅干」、調味されたものを「調味梅干」と表示する
よう義務付けている。
塩分が22.1%のモノを梅干、7.6%のモノが調味梅干
とされている。
「調味梅干」の賞味期間は製造後半年程度に
設定されているものが多いが、伝統的製法によって
作られた梅干は、土蔵のような保管に適した環境
では腐らず、100年前に作られたものでも食べられるほど
保存がきくスーパー保存食である。
因みに梅干の親友『ご飯』を干すことで作られる
『干し米』も20年近くの長期保存のきく保存食である。

現存している最古の梅干は、奈良県の中家に
伝わる梅干しで、1576年に漬け込まれたものが
良好な状態で保存されている。

ウメの実には元々青酸配糖体であるアミグダリンという
成分が含まれており、これが胃腸などで酵素によって
加水分解されると猛毒であるシアン化水素(青酸)
を生成するが梅干にすることでアミグダリンはほぼ消失し、
食べても人体には影響がなくなるが、
コンニャクといい、タピオカといいなぜ毒性のある植物を
ここまでして食べようと思うのか人類の食に対する執念
は凄まじい。

梅干には唾液の分泌を促し消化吸収を良くする。
疲労回復、抗菌・防腐などの効果があるとされている。
また中世の日本における民間療法としては、
こめかみに紙片に貼った梅干片を貼ると頭痛や
癇癪の予防や治療になるとされていた。
戦国・江戸あたりを題材にしている漫画なんかに
描かれているおばあさんがこめかみに貼っている
謎の紙片の正体である。
その後昭和初期にトクホンの元祖、鈴木日本堂が
乙女桜という経皮吸収製剤型の頭痛薬を発売
するので。昭和以降のおばあさんがこめかみに
貼っている紙片は湿布薬。
もしかしたらその頃でも梅干を貼っている人も
まだいたかもしれない……。
昭和初期と言えば、その頃はアルマイト製の
弁当箱がよく使われていたため
同じ場所に梅干しを入れることを繰りかえすと、
酸によって蓋が溶けるてしまう。
当時の弁当あるあるである。

【素材】
綿 100%

【サイズ】
まずお気に入りのTシャツを用意していただいてから
各部分のサイズを採寸していただいき
以下の表記に照らし合わせて
一番近い物を選んでいただくと丁度いい
サイズを購入いただけます。

S 身丈66 身巾49 肩巾 44 袖丈19

M 身丈70 身巾52 肩巾47 袖丈20

L 身丈74 身巾55 肩巾50 袖丈22

XL 身丈78 身巾58 肩巾53 袖丈24
(サイズは平置きで測ったものになります。)


※画面上と実物では色が異なって見える場合があります。
※受注生産の商品ですので、ご注文をお受けしてから発送まで
 16日前後お時間がかかります。
 日程に余裕をもってご注文ください。
※GW、お盆、年末年始など長期休暇の前後は発送の遅れが生じます。
※ご購入後のお客様都合による返品はお断りさせていただきます。
 万が一、不良品などの不備があった場合はお問い合わせください。

<洗濯表示と注意事項について>

・液温は30度を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いで洗ってください。
・洗剤は中性洗剤を使用してください。
・印刷面を内側にひっくりかえして洗うことをおすめしています。
・アイロンはあて布をして、低い温度(100度前後)で掛けてください。
・印刷部分はなるべくアイロンをかけないようにして下さい。
・漂白剤配合洗剤は絶対に使用しないでください。
・強く絞らないでください。
・よくすすぎ、水をきって日陰でつり干しにしてください。
・洗濯の際はできるだけ単独で行ってください。

¥ 2,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

ショップの評価